【2023年最新】犬連れファミリーにおすすめのテント5選!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【2023年最新】犬連れファミリーにおすすめのテント5選!
  • URLをコピーしました!

犬連れファミリーにとって、テントはキャンプの快適さを左右する重要なアイテムです。しかし、どんなテントが犬連れに向いているのでしょうか?

今回は、犬連れファミリーにおすすめのテントを5つご紹介します。それぞれのテントの特徴やメリット、デメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

もくじ

犬連れファミリーにおすすめのテントの選び方

テントのサイズや形

愛犬と一緒にキャンプをするには、広々としたテントを選ぶと快適です。また、犬連れに限ったことではないですが、高さがあるテントだと腰をかがめる必要がなく、腰痛予防にもなります。

子梅

高さがあると着替えもしやすいですよ!

愛犬と一緒の場合、人間のためのスペースだけでなく、犬が伸び伸びと過ごせるスペースも必要です。そこでおすすめなのは、ツールームやドーム型などの広いテントです。ツールームは広々とした空間で、犬連れや家族とのキャンプに最適です。一方、ドーム型テントは天井が高くて解放感があるので、ゆったりとした空間が作れます。犬連れでのキャンプには、ぜひこのようなテントを選んでみてください。

子梅

我が家のテントは3代目ですが、広さと高さにはこだわっています。

テントの素材や耐久性

犬の爪や歯に強い素材や防水性が高いものが望ましいです。犬は、テントの生地を引っ掻いたり噛んだりすることがあります。

また、キャンプ中に雨が降ってくることもあるでしょう。気候や場所にもよりますが、晴れている日でも朝露でテントがびしょ濡れになることもあります。そのため、素材や耐久性にこだわって選ぶことが大切です。

おすすめなのは、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維や、コットンやキャンバスなどの天然繊維です。合成繊維は、軽くて丈夫で防水性が高いです。天然繊維は、重くて丈夫で通気性が高いです。キャンプ中の状況や予算に合わせて、素材を選ぶと良いでしょう。

テントの設営や撤収の手間

犬と一緒にキャンプをする場合は、手間が少なく設営が簡単なワンポール式やエアータイプが便利です

ワンポール式のテントは、ポールが一本しかなく、簡単に組み立てることができます。設営にかかる時間が短いため、犬や子供たちが待ちくたびれることもありません。

エアータイプのテントは、空気を入れるだけで簡単に設営できます。一度に広げることができるため、数分でテントを張ることができます。また、撤収も簡単で、空気を抜くだけで片付けることができます。

おすすめのテント5選

コールマン タフスクリーン2ルームハウス MDX

引用元:naturum
特徴広々としたツールームテントで、愛犬と一緒にゆったり寝られる。
耐久性や防水性が高く、安定感がある。
メリット1人でも設営できるアシストクリップがついている。
デメリットキャンプデビューのファーストテントに選ぶ人が多く、人と被る。
口コミ大人2人で設営しますがとても簡単で、設営は20分くらいでできます。
高さがあるので、快適に暮らせます。
しっかりとした構造のため、悪天候でも気にせず使用できます。
前室しかスカートが付いてないので、夜は下からの冷気がやはり入ってきてました。

Quechua(ケシュア)AIR SECONDS FAM4.2 FRESH&BLACK ファミリーエアーテント 4人用

引用元:naturum
特徴別売りのポンプを使ってあっという間に設営、撤収ができる。
光の遮断、遮熱性が抜群で朝まで快適に寝られる。
メリット四隅をベぐダウンしたら30秒空気を注入するだけで設営が完了。
デメリット別売りのポンプが必要。
口コミ夏場でもテント内が断然涼しいのと、とにかく設営が楽です!
炎天下でもテントの中に入っても汗だらだらになりません。
居住空間がかなり広々しているので、とても快適に過ごせますよ。
 唯一減点ポイントなのは入口にメッシュ扉がないこと。

スノーピーク アメニティドーム M

引用元:naturum
特徴色分けされたフレームで初心者でも組み立てやすい。
リーズナブルながら高品質で耐久性も高い。
メリットゆったりとした前室が何かと使い勝手が良い。
デメリット出入口や天井がやや低いので、かがむ必要がある。
口コミ建てやすさ、単純さ、広さ、ビジュアル、保証まですべてが揃っているテント。
ちっちゃい子の相手をしながらの初設営でしたが問題なく設営出来ました。
大人3人+子供1人、大人4人などでも夏場の2泊3日ぐらい着替えなどを室内における
ぐらいの余裕があります。
コストダウンのためか、ポール品質が悪く曲がりやすい。

DOD(ディーオーディー)ワンポールテントL

引用元:naturum
特徴背が高いため、開放感たっぷりでリラックスできる。設営が簡単。
メリット他社のワンポールテントと比べるとリーズナブル。
デメリットスカートがないため、寒い時期は隙間風が気になる。
口コミ大人2人、子ども3人ゆったり過ごせます。
楽しく可愛くキャンプしたくて買いました。4人家族で広々使えます。
前後開くので、風通しもよい。設営も簡単。
収納時8角形ということもあり畳むのが難しい。
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ogawa(キャンパルジャパン) グロッケ16T/C

引用元:naturum
特徴ogawaの人気テント「グロッケシリーズ」の9人用ビッグサイズ。
大型メッシュで通気性が良い。
メリット大型犬と一緒でもゆったりと寝られる。TC素材の風合いがおしゃれ。
デメリット重量がある。値段が高い。
口コミ
風通しが良い!全ての側面下側にメッシュ窓があるので上のベンチレーターを開ければ
風通し抜群で夏でも快適でした。
中は広々で、その割には狭いスペースでも調整次第で設営可能です。
設営が簡単!ペグの数は多いけれどもセンターポールさえ立てば後は楽!
朝起きると夜露がテント内に浸みていてテントを叩くと雨のように
テント内に降ってきました。
(※いずれも同シリーズグロッケ12T/Cの口コミより抜粋)

まとめ

犬連れファミリーにおすすめのテントは、広さや高さ、素材や耐久性、設営や撤収の手間などを考慮して選ぶことが大切です
今回ご紹介したテントは、それぞれに特徴やメリット、デメリットがありますので、自分たちのニーズに合わせて選んでください。
犬連れキャンプは、テント選びが成功するともっと楽しくなりますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ